※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2005年創刊号に掲載されたものです。

野口 照久
(のぐち てるひさ)

テノックス研究所所長 ゲノム創薬フォーラム代表/
元米国ロックフェラー大学 兼任教授/東京理科大学 特別顧問


産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
1924年生まれ。東京大学医学部薬学科卒業、東京大学大学院医学研究科終了、薬学博士。
1966年日本曹達(株)生物科学研究所所長、1973年帝人(株)取締役生物医学研究所所長、1979年サントリー(株)取締役生物医学研究所所長、1983年同社専務、1992年山之内製薬(株)代表取締役副社長、1996年ヘリックス研究所代表取締役社長、1997年ゲノム創薬フォーラム代表、1998年テノックス研究所設立、所長に就任、現在に至る。
1976年全国発明内閣総理大臣発明賞、1978年、1982年大河内記念賞、1978年紫綬褒章など、他受賞歴多数。