※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2016年7月号に掲載されたものです。

野長瀬 裕二
(のながせ ゆうじ)

摂南大学 経済学部 教授
首都圏産業活性化協会(TAMA協会) 会長


URL:http://www.innovationpartners.jp/nonagase/nonagase.htm
E-mail:E-mail


産学官連携ジャーナルの記事

略歴 / Career

1961年生まれ。東京大学農学部卒業後、製造業にて生産技術、事業企画、新事業企画等を担務の傍ら、早稲田大学大学院理工学研究科(経営システム工学)修了、同アジア太平洋研究科(国際経営学)修了。関東学園大学助教授、埼玉大学助教授、山形大学大学院理工学研究科教授を経て、2016年より摂南大学経済学部教授(現任)、学術博士(早稲田大学)。
日本ベンチャー学会松田修一賞、ニッポン新事業創出大賞・最優秀賞、経済産業大臣賞、JNB会長賞を受賞。
日本ベンチャー学会理事、編集委員、産学官連携委員、企画運営委員、日本MOT学会編集委員等を歴任。
文部科学省科学技術政策研究所客員研究官、経済産業省産業構造審議会臨時委員、総務省ITベンチャー研究会委員長代理等、中央官庁、自治体、商工団体の各種委員を歴任。
上場企業・金融機関・公益財団法人の独立役員・技術顧問・理事等を歴任。
早稲田大学大学院商学研究科、岩手大学大学院工学研究科の非常勤講師を歴任。
2018年6月より首都圏産業活性化協会(TAMA協会) 会長。


専門分野 / Specialty

ベンチャー企業経営、地域イノベーション、経営システム工学


近著 / Books

・地域産業の活性化戦略~イノベーター集積の経済性を求めて~(学文社,2011)