※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2006年3月号に掲載されたものです。

藤路 陽
(とうろ みなみ)

(有)生物振動研究所 専務取締役

E-mail:minami(at)m106.net


産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
高校生の時、森林伐採による温暖化現象、食料不足の問題や過疎化による日本の農業の衰退に関心があり、「これからは農業を見直さなくてはいけない」と考え、大学は島根大学 生物資源科学部 地域開発科学科に進学した。卒業後、地元の広島大学大学院に進学し果物の硬さを非破壊で測定するレーザードップラー装置に関する研究をしてきた。その研究成果をもとに起業するに至った。
中学生の時から陸上競技(長距離走)をやっており、大学では全国大会も経験した。陸上競技で培われた根気と根性で壁にぶち当たっても乗り越えていきたい。