※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2009年12月号に掲載されたものです。

荒木 朋洋
(あらき ともひろ)

東海大学 農学部 バイオサイエンス学科 教授

URL:http://www.u-tokai.ac.jp/undergraduate/agriculture/bioscience/index.html
E-mail:



産学官連携ジャーナルの記事

略歴 / Career  
九州大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士課程修了、農学博士(九州大学・1985年)。米国ボストン大学医学部生化学部門客員助教授を経て、現在、東海大学大学院生物科学研究科長(博士)、同大学院農学研究科長(修士)、および東海大学研究支援・知的財産本部付を併任。

専門分野 / Specialty  
タンパク質化学、生化学で、現在の研究テーマは、生命をつかさどるタンパク質・ペプチドの構造と働き。特に最近は、プロテオーム解析の手法を用いて、生体の防御に役立つタンパク質や、食品機能性を有するタンパク質・ペプチドの構造や働きを調査。