※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2018年3月号に掲載されたものです。

飯島 澄男
(いいじま すみお)

名城大学 大学院理工学研究科 終身教授

E-mail:E-mail


産学官連携ジャーナルの記事

学歴 / Education  
1963年3月 電気通信大学電気通信学部電波通信学科卒業
1965年 東北大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了
1968年3月 東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了

職歴 / Career  
1968年4月~1974年6月 東北大学科学計測研究所 助手
1970年9月~1982年3月 米国アリゾナ州立大学固体科学研究センター 研究員
1979年4月~1979年10月 英国ケンブリッジ大学 客員研究員
1982年4月~1987年1月 新技術開発事業団(現 科学技術振興機構)創造科学推進事業 林超微粒子プロジェクト基礎物性グループ グループリーダー
1987年2月~現在 NEC特別主席研究員
1998年4月~現在 名城大学 終身教授
2001年4月~2015年3月 独立行政法人 産業技術総合研究所 ナノチューブ応用センター センター長
2005年~2012年 成均館大学(韓国)ナノテクノロジー先端技術研究所 所長
2007年8月~現在 名古屋大学 特別招へい教授
2015年4月~現在 国立研究開発法人産業技術総合研究所 名誉フェロー

専門分野 / Specialty  
ナノ科学、固体物理、材料科学、電子顕微鏡学、結晶学

所属アカデミー / Membership of Academy  
2007年4月 米国科学アカデミー(NAS)外国人会員
2009年3月 ノルウェー科学人文アカデミー外国人会員
2010年12月 日本学士院会員
2011年12月 中国科学院外国人会員ほか、名誉会員多数兼務

主な受賞・記念講演歴 / Awards & Memorial Lecture  
1976年8月 バートラム ワーレン賞(米国結晶学会)
1985年12月 仁科記念賞(仁科記念財団)
1997年1月 朝日賞(朝日新聞社)
1999年2月 つくば賞((財)茨城県科学技術振興財団)
1997年5月 金曜講話講師(英国王立研究所)
2002年3月 マックグラディ新材料賞(米国物理学会)
2002年4月 アジレント欧州物理学賞(欧州物理学会)
2002年4月 フランクリンメダル・物理学賞(フランクリン協会)
2002年6月 恩賜賞・日本学士院賞(日本学士院)
2003年4月 バン・ホーン記念講演講師(ケースウェスタンリザーブ大学)
2003年11月 文化功労者顕彰(日本政府)
2004年8月 科学技術功績メダル(米国炭素学会)
2007年5月 ボド・フォン・ボリス講演講師(チュービンゲン大学)
2007年6月 グレゴリー・アミノフ賞(結晶学)(スウェーデン王立アカデミー)
2007年6月 第48回藤原賞((財)藤原科学財団)
2007年11月 2007 バルザン賞(ナノサイエンス部門)(国際バルザン財団)
2008年1月 Dow講演講師(ノースウェスタン大学)
2008年9月 カブリ賞(ナノサイエンス部門)2008(カブリ財団)
2008年10月 アストゥリアス皇太子賞(科学・技術部門)2008(アストゥリアス財団)
2008年10月 ブラッグ講演講師(ロンドン大学)
2008年12月 ジョージ・ピメンタル講演講師(カリフォルニア大学バークレー校)
2009年6月 グローバル・ヴィジョン講演講師(清華大学)
2009年11月 文化勲章(日本国天皇)
2010年3月 材料科学工学セミナー講師(MIT)
2010年3月 ウィリアム・スピッツァー講師(南カリフォルニア大学)
2011年10月 エヴァンス講演講師(オハイオ州立大学)
2013年12月 アインシュタインレクチャーシップ講師(中国科学院金属研究所)
2015年3月 グローバルレクチャーシリーズ講師(浙江大学)
2015年6月 欧州発明家賞「非欧州部門」(ヨーロッパ特許庁)
2015年9月 ダイアモンドとカーボン材料賞2015(ダイアモンドとカーボン材料国際会議)ほか、多数
2015年11月 武漢大学ルオージャフォーラム講師(武漢大学)