※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2009年9月号に掲載されたものです。

喜多 一
(きた はじめ)

京都大学 学術情報メディアセンター 教授

URL:http://www.media.kyoto-u.ac.jp/


産学官連携ジャーナルの記事

略歴 / Career  
1982年 京都大学 工学部 電気工学科 卒業
1987年 京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 博士後期課程 研究指導認定退学
京都大学 工学部 電気工学科 助手
1997年 東京工業大学 大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 助教授
2000年 大学評価・学位授与機構 教授
2003年 京都大学 学術情報メディアセンター 教授、現在に至る。

京都大学工学博士。諏訪産業集積研究センター(SIARC)の設立メンバー、会長。
研究領域はシステム工学を中心にその応用などの形で学際的研究を多く手掛け、進化的計算、エージェントベースの社会経済シミュレーションなどシステム工学的手法の研究、情報教育・プログラミング教育や教育のための情報環境の構成の研究のほか、中小企業と連携しての利用者参加のものづくりについて研究を行っている。