※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2010年6月号に掲載されたものです。

小宮山 宏
(こみやま ひろし)

(株)三菱総合研究所 理事長
(独)科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター長


三菱総合研究所 URL:http://www.mri.co.jp/index.html
科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター URL:http://www.jst.go.jp/lcs/


産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
1944年栃木県生まれ。1967年東京大学工学部化学工学科卒業。1972年同大学大学院工学系研究科博士課程修了。1988年東京大学工学部教授、2000年工学部長、大学院工学系研究科長、2003年副学長などを経て、2005年4月第28代総長に就任。2009年3月に総長退任後、同年4月に三菱総合研究所理事長、東京大学総長顧問に就任。
東大総長時代には、20世紀において爆発的に増大した知識の適切な動員と統合を可能にすべく、知の構造化を提唱。構造化の教育研究により、拡大してしまった科学と社会との距離感の短縮を図る。また、自律分散協調系をキーワードに、いくつものプロジェクトを開始し、その中の一つ、学術俯瞰講義では、自ら教養学部の学生に対し直接講義も行った。

専門 / Specialty  
化学システム工学、地球環境工学、機能性材料工学、CVD反応工学。地球温暖化問題の世界的権威。

著書 / Book  
「地球持続の技術(岩波新書)」「知識の構造化(オープンナレッジ)」「『課題先進国』日本(中央公論新社)」など多数。