※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2010年4月号に掲載されたものです。

中村 宏
(なかむら ひろし)

東京海洋大学 産学・地域連携推進機構 准教授、
水産海洋プラットフォーム事業部門長

E-mail:


産学官連携ジャーナルの記事

略歴 / Career  
1954年生。理学博士(京都大学大学院理学研究科動物学専攻海洋生物学)
1989年11月 日本学術振興会特別研究員などを経て、三菱重工業株式会社に途中入社。
主席研究員として宇宙バイオ機器や排水処理装置、水環境保全等の研究開発に従事。
2001年3月 東京水産大学に赴任
現在に至る
環境生物工学技術開発等をバックボーンに、研究開発のプロデューシングと産学地域連携論を専門とする。大学院海洋科学技術研究科環境保全学専攻兼任(「環境技術開発マネイジメント論」を担当)。
1997年11月 第3回山口県 産業科学技術振興賞受賞『水環境改善システムの開発』
2003年10月 第1回インターネットライフスタイルアワード優秀賞受賞
2006年10月 第1回モノづくり連携大賞(日刊工業新聞社主催・NEDO、中小機構共催)特別賞受賞『水産廃棄物を活用した連携による環境問題と地域振興への貢献』
2007年11月 第2回モノづくり連携大賞 日刊工業新聞社賞受賞『物流と市民生活の安全に貢献するコンテナトラック横転限界速度予測システムの開発』