※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2007年4月号に掲載されたものです。

野口 義文
(のぐち よしふみ)

立命館大学研究部理工リサーチオフィス 課長


産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
1986年 立命館大学法学部卒業
1986年 安田生命保険相互会社入社
1992年 立命館大学入職
1998年 立命館大学総務部付課長(株式会社クレオテック出向)
2005年 立命館大学BKCリエゾンオフィス課長
2006年 立命館大学理工リサーチオフィス課長(現在に至る)

専門分野 / Specialty  
「研究交流実践手法」「資金獲得ノウハウ」「人材育成イノベーション」

主な著書・論文 / Books  
総合教育企画株式会社「大学における事業法人の設立と展開事例」(1999年3月)
高等教育研究会大学職員ジャーナル「営利事業と非営利事業に求められる能力の違い」
(1999年第4号)
ヒューマンインタフェイス学会誌「産学連携で拓く立命館大学の未来展望」(2006年Vol.8 No.2)

主な講演 / Lecture  
Ritsウィークリーセミナー研修:公募申請「虎の巻」講演
島津製作所:幹部向け産学連携の講演
大阪産創館:産学連携「虎の巻」講演
京都信用金庫:「産学連携・大学経営戦略」講演
知財戦略研修会:「交渉実務、企業との交渉」講演
関西医科大学:「科研費の申請について」講演
UNITT:「共同研究マネジメント」パネラー 他多数

研究主題 / Research  
本学理工リサーチオフィスは、一般的な研究交流(受託研究、共同研究等)だけでなく、省庁系競争的研究資金を獲得するため、企業等とコンソーシアムを編成し、大型プロジェクトの企画・立案・申請に至るノウハウを蓄積しており、また知的財産戦略からベンチャー起業に至るまで幅広い分野でのワンストップサービスを提供しています。理工リサーチオフィスには、総勢約100名にものぼるスタッフが常駐しており、豊富な経験と知識で、企業との研究交流をバックアップしていきます。私は、その責任者として、産官学連携事業の推進に邁進しています。