※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2010年9月号に掲載されたものです。

大澤 映二
(おおさわ えいじ)

(株)ナノ炭素研究所 取締役社長

E-mail:
URL:http://nano-carbon.jp/


産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
1935年富山県生まれ。京都大学工学部工業化学修士修了。帝人、京都大学工学部合成化学助手、北海道大学理学部化学第二助教授、豊橋技術科学大学知識情報工学教授を経て、2000年度からベンチャー「ナノ炭素研究所」社長。1970年にサッカーボール分子C60を着想、この分子は1985年にKroto-Curl-Smalleyによって発見、1990年Kraetchmer-Huffmanによって単離された。2000年に爆轟法ナノダイヤモンドの一次粒子を再発見、2010年にこの粒子が擬球形Buckydiamondであることを確認。「球」形超微粒子と、5で割り切れる数との縁が続いている。