※このプロフィールは「産学官連携ジャーナル」2011年1月号に掲載されたものです。

和田 徹
(わだ とおる)

元 (株)クラレ メディカル事業本部 開発部長

E-mail:


産学官連携ジャーナルの記事

経歴 / Career  
1967年に大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程を修了し、(株)クラレに入社。中央研究所配属となり、研究開発の成功には起点となる"研究開発企画"が極めて重要であることを知得した。
1973年にメディカル事業開発チームに移り、歯科事業開発を担当。歯科医療人が切望していた"接着性"充填修復材料の開発チャレンジに成功し、更に臨床ニーズに対応した多面的な商品開発を推進してグローバルに発展するクラレの歯科事業を確立した。
1986年に医科分野も含めた商品開発・事業開発を担当し、透析膜の高性能化、アフェレシス分野の拡充、人工肺事業の創業等を行った。
1997年にクラレを退社し、(株)モリタに入社。DIC、松風、モリタの3社で医科、歯科分野の商品開発、事業開発を指導、推進した。
2006年にモリタを退職し、現在に至る。