2005年2月号
特別寄稿
仙台における健康福祉産業クラスターの形成
-フィンランドとの提携をベースに-
顔写真

吉村 洋 Profile
(よしむら・ひろし)

財団法人仙台市産業振興事業団
情報・健康福祉産業部
FWBCプロジェクトマネージャー


はじめに

 日本における21世紀の大きな社会的課題の一つは、「高齢社会にどう対応するか」でしょう。2004年の高齢化率*1をみますと、全国平均では19.4%、仙台市は15.4%であり、絶対数では全国で約2500万人にのぼり、2020年代には、3,400万人にもなると推定されています。また、世界保健機関(WHO)が発表した「2003年世界保健報告」によると、日本人の平均寿命は男性78.4歳、女性85.3歳、健康寿命は男性72.3歳、女性77.7歳となっています。老齢に伴い何らかの身体的不自由が起こることは避けられません。このような高齢者の方々が自立して、豊かで健康な生活が送れるような社会環境の構築は、今後ますます重要な社会的ニーズとなります。

仙台市の産業振興施策における位置付け

 人口100万人を超える政令指定都市仙台は、21世紀の地域経済を牽引していく新産業の創出に向けて、下記の5大プロジェクトからなる『仙台市新産業創造プラン*2』を策定しています。このプランは、地域の総力を結集して成長エンジンを創出し、質の高い雇用を生み出していくことを目指しています。

仙台・ハイテククラスター創生プロジェクト*3
仙台ITアベニュープロジェクト*4
仙台エコシティプロジェクト*5
コミュニティ・ビジネス起業家支援プロジェクト*6
仙台ウエルビーイング・センタープロジェクト

『仙台ウエルビーイング・センタープロジェクト』は、フィンランド国家プロジェクトとの提携により、「(仮称)フィンランド健康福祉センター」を拠点として、ITやハイテクを活用した健康福祉機器の研究開発、製品開発のみならず、サービス開発を進め、海外展開も視野に入れながら健康福祉産業クラスターの創出を図るものです(図1)。また、本プロジェクトを契機として、国際経済交流事業を拡充し、産業の国際化を一層促進することも目指しています。

フィンランドとの連携

フィンランドは、国土の広さは日本の約90%ながら人口約520万人と比較的小さな国です。しかしながら、2004年の国際経済フォーラムにおける国際競争力評価において2003年に続いて第1位に位置付けされ、また、思考能力を問う経済協力開発機構(OECD)教育レベル比較においてもトップにランクされています。フィンランド政府は、自国の強みである社会福祉、とくに高齢者福祉に関するシステム構築力、機器開発、ノウハウの提供を通じて、輸出産業クラスターの育成を図る産業施策をとっています。この方向と仙台市が福祉産業振興を図ろうとの意図が合致し、今回の提携に繋がりました。

プロジェクトの概要

このプロジェクトでは、「特別養護老人ホーム」の隣に「R&D施設」が併設されるのが大きな特徴であり、特別養護老人ホーム内における高齢者のニーズのみならず、本施設を中心とした地域社会の高齢者の自立を支援するさまざまな手法を、フィンランドの企業をはじめとした参加団体と開発することになります。

「(仮称)フィンランド健康福祉センター」が備える機能は、次の3点に要約され、種々の活動を企画しております。

1. 健康福祉機器の研究開発機能
2. フィンランド企業等との提携組織のオフィス機能
3. フィンランド型福祉を取り入れた高齢者福祉サービス提供機能

フィンランドと仙台地域の企業が、東北大学、東北福祉大学などの学術機関とも連携しながら、健康福祉機器の共同研究開発・サービス開発を行います。フィンランド側企業や地場企業の共同研究開発拠点として、オフィスを設けます。また、フィンランド国内の大学・研究機関などのリエゾン・オフィスの設置も想定しています。

本プロジェクトでは、従来の産学連携にとどまらず、国際的な連携・提携を目指しています。互いの文化・商慣習を尊重しつつ、提携を実のあるものにするために、親身なコーディネーションや国際的提携に精通した専門家のサポートが重要となります。地方からの直接的国際提携・国際取引が今後の地域経済振興のためますます重要になると思いますので、本プロジェクトを契機に、地方都市における国際化のポテンシャルを高めていければと思っております。

*12004年の高齢化率
総務省統計局発表(平成16年8月確定値)。

*2仙台市新産業創造プラン
平成14年度策定。http://www.city.sendai.jp/keizai/kikaku/plan/index.htm

*3仙台・ハイテククラスター創生プロジェクト
東北大学などの独創的研究成果を基に、新産業を創造する知的産業クラスターの創生。

*4仙台ITアベニュープロジェクト
IT関連産業を集積・発展させ、仙台市産業全体のIT化の促進。

*5仙台エコシティプロジェクト
経済成長と環境負荷の低減を両立する革新的な技術開発型環境関連産業の創出。

*6コミュニティ・ビジネス起業家支援プロジェクト
福祉、環境、街づくりなど、地域の問題解決を事業化する市民起業家の育成・支援。