2008年4月号
特集  - キャリアパス多様化
名古屋大学
ノン・リサーチ掲げ個別コンサルティングに力点
名古屋大学が取り組むキャリアパス多様化促進事業のテーマは「ノン・リサーチ」。研究以外の分野でのキャリアの可能性を提示している。実際には、アカデミック・キャリアを志向するポスドクらが多いので研究職も扱っているが、個別のコンサルティングが大きな成果に結び付いている。

文部科学省「科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業」に平成18年度採択された機関の1つ、名古屋大学が掲げるのは「ノン・リサーチ」。アカデミック・キャリアを志向することの多いポスドクに対して、研究以外の分野でのキャリアの可能性を提示する。

実施計画で明示したのは次の4分野である。

調査・評価
(職種:シンクタンク、ベンチャー・キャピタル、金融機関、行政機関)
企業・技術移転
(職種:ベンチャー企業、技術移転機関、産学連携コーディネータ)
知的財産管理
(職種:特許事務所=弁理士、TLO・大学知財部門、企業法務部門)
国際協力(職種:国際協力機関、国際機関、NPO)

これら4分野を希望するポスドク、博士課程の学生らに対して、個別コンサルティング、ワークショップなどによる基礎研修などを行っている。ただし、ポスドクらの「研究」へのこだわりは強く、実際の就職先は研究職がほぼ半分を占める。文部科学省のこの事業の中間評価で「実際のニーズに即して研究職も扱っていることは柔軟な対応である」とされた。

非研究分野で専門家養成の必要性

-出発点はなぜ「ノン・リサーチ」なのか?

武田穣氏(産学官連携推進本部連携推進部長・教授) 「大学等の研究職のポストは限られているし、企業の研究職の採用はあまり増えていない。調査・技術評価、知的財産管理など非研究分野で専門家養成の必要性が高まっている。一方で、ポスドクが増え、彼らが、上述の非研究分野に就職する支援も実施してきた」

登録者の半分は東海地方以外

事業の基本は、自分で進路を考えてもらうパーソナルケアだ。手順はこうだ。

[1] 就職を希望するポスドクらは、直接またはホームページで氏名、所属、連絡先などを登録。
[2] 専任教員が登録者に個別に面談し、これまでやってきたことや進路希望などを聞く。
[3] 個別ヒアリングの内容に応じて、大学が提携している外部のアドバイザー(企業関係者、知財関係者など各分野の専門家)複数に会い、話をしてもらう。
[4] 進路が最終的に固まったら、専任教員が業界の現状や就職のための情報提供、指導・助言を行う。

登録者はこれまでに310人。学内が42%、東海地方の他の大学が8%、東海地方以外の大学が50%。他大学が多いのが特徴だ。

個別のヒアリングは1人2時間ほど。ヒアリングを行ったのは登録者の70%、メールでのやり取りを含めると90%ほどになる。就職者は80人を超えており、ノン・リサーチ分野(弁理士・産学連携コーディネータ・公務員・教師・学芸員など)は50%を占める。

採用応募のエントリーシートの書き方などに問題点

登録者の個別ヒアリング、その後の指導・助言を行うのは前述の武田教授と産学官連携推進本部キャリアパス支援室特任准教授の河野廉氏、同室助教の森典華氏の3人。

ポスドクやドクター後期の学生らと接し、よく指摘されるコミュニケーション能力や産業界の常識が欠如している人が少なくないことがわかったという。本人が企業に就職したいという決意が固まった場合、博士課程の学生は「新卒採用」、ポスドクは「中途採用」に応募することになるが、そのエントリーシートの書き方、面接などに問題のある人が多い。その執筆に数カ月かかる人、自己紹介をA4判に20枚書いてくる人、模擬面接で自分が取り組んできた研究の詳細な中身を長々と説明したがる人……。

しかし彼らに、ビジネスの世界ではスピードが求められること、自己紹介は1、2枚で十分なこと、面接では、自分が幅広い知識がありいろいろなことに適応できることをアピールするのが重要であると説明すると、簡単に理解するという。

特徴は産学官連携推進本部の専任教員が直接対応

-パーソナルケアだが、結果的に、これらはポスドクや博士課程の学生の状態と適合していたというが?

武田氏 「産学連携の中で、実際に動いていると、企業で人材が欲しいなどのニーズはよく聞いていた。現在までに、産学連携にかかわる人材やMOTなどのようなプログラムを実施し、人材育成を行ってきた経緯もある。現場に近いわれわれが、ポスドクと企業のマッチングを一番行いやすいと思う」

河野氏 「パーソナルケアを実施したのは、これまでポスドクが進路について相談するところがなかったからである。キャリアパスを考えた場合、1人1人の考え方、希望、人生設計は異なるのが当たり前。一辺倒の支援で解決できるのなら誰でもできる。パーソナルケアを行うことにより、当人に考えるきっかけを与え、自分の道を切り開いていってほしいと思う」

斡旋(あっせん)が目的ではない

名古屋大学のキャリアパス多様化促進事業は、職を探すポスドクらと企業を単にマッチングさせることではないという。登録した人にすぐ職を斡旋することはない。すぐ斡旋すれば、マッチングの件数は増えるだろうが、すぐに辞めてしまう人も多くなる可能性もある。登録者にヒアリングのあと、複数のアドバイザーに会ってもらうが、その後は、専任教員は、ポスドクらが改めて進路を定め、就職の決意を固めるのを待っている。

-なぜ、まわり道をするのか?

武田氏 「人に勧められた人生ではなく、自分で決定しないと人生面白くない。博士学位を取得し、ポスドクを選択したのも自分で決定したこと。次に進むのに、研究者になれないから他のことに進むということではなく、たくさんの道がある中で、何を選択していくのかを、自分で決めないと、その後、辞めていく。だから、これをきっかけに、しっかり自分の希望やキャリアプランを考えてもらう。ここでは、そのやり方を教えているだけです」

河野氏 「現在、博士に進学する人が少なくなってきている。しかし、博士に進んでも、研究を含めてたくさんのパスは存在している。そのことを知ってほしいし、企業や大学に対してもさまざまなアプローチを行い、今後も、インターンシップなどの活用により多様なキャリアパス支援を実施していく」

大学院入学ガイダンスでキャリアパスの説明

上述のような個別対応のほか、シンポジウムやワークショップを実施している。平成19年度に実施したワークショップは4回。

・「自分を見つめ直す」がキーワード。アピールの仕方を習得。
・キャリアパス支援室に相談して進路を決めた人たちとの意見交換。
・企業人約20人との意見交換。
・初級の知財セミナー。

こうしたテーマで各回30~60人参加した。ポスドクらは横のつながりが少なく、研究室に来てほとんど話をしないで1日が終わる人もいるという。彼らにとって、進路を模索する中でさまざまな人と交流することが大きな力になっていることが感じられる。

学内の意識も少しずつ変わっており、部局によってはカリキュラムの変更に結び付いている。また、平成20年度は大学院の入学ガイダンスで、初めてキャリアパス支援室が多様なキャリアパスがあることや同支援室の活動などを説明する。

(本誌編集長:登坂 和洋)