2010年1月号
巻頭記事
大型産学官連携プロジェクト成功のカギ
事業期間中に起業手動のシナリオをどう描く
医・薬・工と産をつなぐ医療用次世代ナノキャリアの示唆
顔写真

木村 俊作 Profile
(きむら・しゅんさく)

京都大学大学院工学研究科 教授
京都大学医学部附属病院 探索医
療センター 教授

顔写真

谷田 清一 Profile
(たにだ・せいいち)

京都高度技術研究所
京都市地域結集型共同研究事業
新技術エージェント

産学官連携の大型プロジェクトは、事業の期間中に企業が主導するシナリオを描き出せない限り、そこから新しい社会的・経済的価値の創造は期待できない——医学、薬学、工学と企業の連携で成功させた「ラクトソーム」誕生は多くの示唆を与える。

京都市地域結集型共同研究事業における新しいシーズの誕生とその背景

医学と工学が連携して成し遂げた成果を振り返ると、ヒトへの侵襲性の低い装置やデバイスを開発する分野で工学系の寄与が大きく、この傾向は現在も変わらない。一方、ヒトの体内に適用する化合物や材料を開発する分野では、バイオマテリアルズと呼ばれる大きな学域が確立されたにもかかわらず、2000 年近くまで工学系の寄与は大きいとは言えず、実用的材料に到達することはまれだった。1980 年代に展開された人工血管の開発事業で、実用的な細い血管の開発に至らなかったのは、この典型事例と言える。

しかし、医用材料分野の工学系研究者たちは、この挫折を経験することで、ヒトに適用される材料を開発するポイントを学び、実用化への意識が大いに啓発されたと思う。2000 年ごろになると、医工連携が米国で本格化するのに呼応して、日本でも医工連携が叫ばれるようになった。昨今の医工連携プロジェクトを眺めると、工学系研究者が医学系研究者から出される要望を真摯(しんし)に受け止め、これに沿って材料開発に取り組む姿勢が感じられるが、そこにはこのような背景がある。

著者(木村)は工学研究科に属しているが、2大学の薬学部の研究室と、内科医を兼務するがん研究者の研究室に出向いて研さんを積んだ経験がある。その傍ら、ペプチドホルモンに関する分子生物学的研究にも従事し、「工」でいながら「医」と「薬」を体験することができた。これらの経験が支えとなって、2000 年に京都大学で発足した“Let’ s go 会”(「行こう」、「医工」の語呂合わせ)のメンバーに加わることになった。このLet’ s go 会は医学系と工学系の研究者有志の自発的勉強会で、この会の世話人が、やがて、京都市地域結集型共同研究事業の中核を担うことになる。著者もその流れから京都市のプロジェクトに加わった。ここに見られるように、プロジェクトの体制づくりは、ボトムアップ的な経緯をたどったと言える。異分野の研究者との個人的とも言えるつながりからボトムアップにグループが構築され運営される場合、スピード感に欠けるところはあるが、軌道に乗ればメンバー同士のアイデア交換、ブレーンストーミングを経て、当初に設定された目標がポリッシュアップされる可能性を秘めている。

「ペプトソーム」から「ラクトソーム」へ
図1 ラクトソーム投与によるがん組織イメージ

図1 ラクトソーム投与によるがん組織
     イメージ肩にがんを移植したマウスに尾静脈より
     近赤外蛍光プローブで標識化したラクトソームを
     注入し、3時間、6時間、24時間後の蛍光イメージ
     を取得した。肩に移植した小さながんが、24時間
     後に選択的にイメージできている。また、(a)、
     (b)では、肝臓に肝臓がんを移植したマウスを用
     いて、近赤外蛍光プローブで標識化したラクトソー
     ムを投与し、その後、肝臓を取り出し、(a)がん
     細胞からのルシフェリン発光、(b)近赤外蛍光、を
     イメージしたもの。両者が一致していることから、
     肝臓のがん細胞に選択的にラクトソームが集積し、
     がん組織をイメージできることが分かる。
     Biomaterials, 30, 5156 (2009)

ここで、著者らが開発したナノキャリア「ペプトソーム」*1が、京都市のプロジェクトの中でポリッシュアップされ、成長する過程を少し詳しく述べてみたい。初期がんのイメージングを可能とするナノキャリアを開発するために、著者らは、生体適合性を考えて両親媒性ポリペプチド*2を素材に選び、生理食塩水中で自発的にベシクルを形成するペプトソームを創製し、これががん組織に効率よく集積することを見いだした。医学研究科で担がんマウスを用いたがんのイメージング技術が確立していたことが幸いし、この結果が得られたのはプロジェクトを開始して間もなくのことだった。

これに注目した参画企業の研究者が、ポリペプチドとポリ乳酸*3とのブロックポリマー*4の合成を新たに提案した。ここでも幸いだったのは、この企業研究者が過去に公的医療機関で医用材料の研究に従事した経験を持ち、企業にあってはポリ乳酸開発事業に従事し、ポリ乳酸の特性を知り尽くしていたことだ。この提案を基に作製されたミセル*5を近赤外蛍光プローブで修飾し、医学研究科に依頼して体内動態を調べたところ、選択的にがん組織に集積する優れた性能が明らかになった。「ヒトへ適用できる材料」の意味を理解し共有できる企業研究者との協創が、新しいシーズをもたらすきっかけをつくったのだ。この新しいナノキャリアには、ポリ乳酸にちなんでラクトソームという名称が与えられた(図1)。

プロジェクトの推進に当たって忘れてならないことがもう1つある。コーディネーションの過程で、現場の研究担当者が集う月例の進捗状況報告会が催されたことだ。詳しくは次の項に譲るが、これによってグループ内でのブレーンストーミングのおぜん立てができ、実務者の開発意識が高揚した。この会を礎として、プロジェクト責任者やテーマリーダー、さらに自治体サイドと研究現場の担当者との間で双方向の情報交換が図られたばかりでなく、参画企業の枠を超えて企業へのさまざまな働きかけが行われた。このボトムアップ誘発型のコーディネーションが、実用化の道筋を示す包括的な調整機能を果たしたというのが著者の印象だ。

産学官連携事業の視点から新しいシーズの誕生を振り返る

ここでは、著者(谷田)の活動を振り返ることによって、大型産学官連携事業を内側から眺め、事業を成果に導くためのかじ取りについて考えてみたい。規模の大きい産学官連携事業に見られる共通点は、鋳型となる事業スキームにはめ込むように計画が練られ、寄り合い所帯のアカデミアと寄せ集めの企業からなる、にわかづくりの産学集合体が組織されることだろう。これを束ねてトップダウン型の事業運営が志向され、カリスマ性の強いリーダーの下にヒエラルキーを築こうとするのが通例だ。これは、欧米に倣ったものだろう。そこに、事業運営のための重厚な会議が幾重にも設置され、それをこなすことが自治体側の主要な業務となる。

しかし、組織がにわかづくりだから、成果の社会還元を志向するベクトルを引き出すのは並大抵ではない。総和的に力を集めることはできても、相乗的なエネルギーに変換することは難しい。事業期間が終了した後に、新しい社会的・経済的価値の創造に向かって自立した実用化研究が展開するという話はあまり聞かないのも、この種の事業の運営の難しさを物語っていると言えるだろう。

アカデミアのシーズを育てることに主眼を置く事業スキームが奏功するか否かは、研究領域や出口となる事業分野の特質、シーズの性格、アカデミアの気風やポテンシャル、地域や産業界の風土、産と学の力のバランスなどに大きく左右される。京都市のプロジェクトは、アカデミア色の濃いものだ。著者が新技術エージェントを引き受けたのは事業開始から1年後のことだが、担当を依頼されたのがバイオ関連の事業だったこともあって、製薬企業の研究畑を歩んできた知識や経験が、すぐにも役立つだろうと気楽に構えていた。しかし、これが安易に過ぎることを程なく思い知らされた。

中間評価が控えていたために、これを乗り切ることが直近かつ最大のゴールと位置付けられ、それへの対応に揺れていた。おそらくは大型産学官連携事業の通例として、中間評価への対応に多大のエネルギーが注がれるのだろう。京都市のプロジェクトでは、アカデミア、参画企業、自治体それぞれの思惑がここに統合され、事業に勢いが生まれたように見えた。しかし、事業を支える研究現場の空気は次元を異にしているように見え、冷静とも冷淡とも受け取れたし、参画企業の側に主体的な動きが生まれたわけでもなかった。そもそも型にはまることを嫌い、独自性、独創性を追及するアカデミズムが鋳型に収まるはずもない。むしろ、着任早々の著者の目にはすべてが混乱して見え、混沌(こんとん)とした状況に映った。

この時期こだわったのは、プロジェクトを支える現場の思いを把握することだった。そのために、新技術エージェントの立場をはみ出すことも躊躇(ちゅうちょ)せず、現場主義に徹して研究担当者の集いを立ち上げた。事業の基盤となる研究者コミュニティーの構築を目指してのことだった。この集いが機能し始めたころから、産と学、キーパーソン、小テーマのそれぞれの姿と位置関係が透けて見え、「集い」が恒常化するにつれて、初期シナリオのせりふやト書き、振り付けの書き換えが可能となった。その結果、平面的で並列的だった産と学の連携関係やテーマの配置を立体化して、より機能的な体制に再編することができた。テーマ間の自発的な連携は、ここから具体化していったように思う。参画企業の枠を超えてパートナー企業を発掘したのが奏功して実用化の道が開け、事業の終了を待たずに上市にこぎ着けた事例も示すことができる。

成果の社会還元への道

著者(谷田)にとって、ラクトソームの物語は、1 通のEメール(Friday,May 25, 2007 2:33 PM)の追伸にさかのぼることができる。そこには、後にラクトソームと命名される新規ナノキャリアが担がんマウスモデルで優れた動態を示したことが「おまけ」のように添えられていた。中間ヒアリングを終えて4 カ月余り後のことだった。

ラクトソーム誕生の源泉をたどれば、先にも述べた研究担当者の集いに行き着くだろう。月に一度の集いながら、お仕着せの会議ではなく、当事者らが対等に議論のできる場だから、1 カ月間の進捗がネガティブデータも含めて俎上(そじょう)に載せられる。テーマリーダー、雇用研究員、大学院生、参画企業関係者らが同じ土俵で議論し、成果知が共有される。核心を突く助言に促されて研究の方位が定められ、新たな試みが実施される。交わされる情報に厚みが増すにつれて出席者相互の連携が深まりをみせ、ボトムアップの創造的な機運が芽生え、成長するのが感じられた。また、人材育成にも少なからず貢献したようだった。この基盤の上に、アカデミアの高いポテンシャルと参画企業の持ち味が融合し、発火したのがラクトソームだったと言える。前項に詳述されているように、「医」には最新の分子イメージング技術があり、「工」には新しいナノキャリア技術があり、「産」には、役目を終えて温存されていた技術の再活用への思いがあった。役者はそろっていたのだ。混沌から自己組織化を経て創造に至るプロセスを垣間見た思いがする。

もちろんラクトソームの実用化を目指すには、新薬開発プロセスと同じ軌跡をたどらねばならない。そのために今、医師主導の臨床研究を前提として医・薬・工と産が連携した新たなプロジェクトが立ち上がっている。ただ、前途には、時間の壁、開発費の壁、成功確率の壁、既成概念の壁が立ちはだかっており、それらを乗り越える意欲と覚悟が産と学の双方に求められることは言うまでもないだろう。いずれにせよ、産学官連携事業の期間中に「終了後」を期待させる新しいシーズが誕生したことは、特筆に値すると言わねばならない。

おわりに

アカデミアにはシーズが溢れ、それらを企業に移転しさえすれば新しい価値が生まれ、実用化が実現するという考え方が安易に過ぎることは大方の認めるところとなっている。そして今、この視点に立って産学官連携の仕組みが問い直されつつある。著者らの体験的結論は、事業の期間中に企業が主導するシナリオが描き出せない限り、産学官連携事業から新しい社会的・経済的価値の創造は期待できない、というものだ。この意味でも、ラクトソームの誕生は、多くの示唆を与えてくれるだろう。

*1:ペプトソーム:
ペプチド分子が水溶液中で集合して形成されるベシクルを意味し、粒径は100nm前後である場合が多く、薬剤を内包できることからリポソームに代わるDDS材料として期待される。

*2:両親媒性ポリペプチド:
分子量が数千を超えるペプチド分子で、親水性のブロックと疎水性のブロックで構成され、そのバランスにより水溶液中で集合して、形成されるモルフォロジーが変化する。

*3:ポリ乳酸:
乳酸が縮重合した構造を有するポリエステル。生分解性で、生体適合性も高く、生体や環境に優しいポリマー。

*4:ブロックポリマー:
あるポリマーと異なるポリマーとが共有結合し、直鎖状の1分子中に2種類のポリマーがブロック状に存在するポリマー。

*5:ミセル:
両親媒性化合物の多数の分子が、疎水性ブロックをコアにして球状に集合し、球状の表面に親水性ブロックが突き出したシェルと呼ばれる層をもつ分子集合体。