2010年12月号
特集2  - 第2回イノベーションコーディネータ表彰
イノベーションコーディネータ賞・奨励賞
村上雄一氏
「御用聞き型企業訪問」で小さな成果を積み上げ
顔写真

村上 雄一 Profile
(むらかみ・ゆういち)

財団法人仙台市産業振興事業団
ビジネス開発ディレクター
(産学連携担当)

●受賞理由
「御用聞き型企業訪問」を実践し、仙台圏の数多くの中小企業を訪問。的確な課題設定・目標設定・アドバイスなどにより、数々の新製品を世に送り出し、大きな売上をもたらすなど、産学連携のモデルと言える。

私はこれまでに、みやぎ工業会、科学技術振興機構(JST)の地域結集型共同研究事業新技術エージェント、そして現在の仙台市産業振興事業団のビジネス開発ディレクターと、3つの職場でそれぞれ質の異なった産学連携のコーディネータを経験した。

「仙台堀切川モデル」が普及

特に、現職である仙台市の「御用聞き型企業訪問」は、東北大学教授の堀切川一男先生と平成16年から現在に至るまで継続していて、多くの小さな成果を積み上げてきた。

この御用聞き型の産学連携は、日本立地センターの林聖子主任研究員によって「仙台堀切川モデル」と命名され、どこの地域でも実施可能な方式として徐々に普及が進んでいる。地域のものづくりの中小企業を大学の先生方とコーディネータが、訪問し、現場で企業が抱える課題について聞き、先生、コーディネータが、新商品開発のアドバイスをしたりする。後日、企業の皆さまの研究室訪問による相談や、計測などに発展することもある。

訪問企業先の開拓、経営層との信頼関係があってこそ、「御用聞き型企業訪問」による産学連携が成り立つと確信している。

後継者を育成

スタート時と比較すると現在は発展しており、地域連携フェローの先生方は5名、ビジネス開発ディレクター(コーディネータ)2名の体制である。地域の企業の発掘と、足で稼ぐお金のかからない産学連携をこつこつと続けている。

イノベーションコーディネータ賞・奨励賞の受賞を機に、この事業の継続発展のために企業への技術サービスの質の向上とコーディネータ後継者の育成に励みたい。