2010年12月号
特集2  - 第2回イノベーションコーディネータ表彰
イノベーションコーディネータ賞・若手賞
内島典子氏
産学官連携の基盤づくり ~発展的な連携関係を生み出すために~
顔写真

内島 典子 Profile
(うちじま・ふみこ)

北見工業大学 地域共同研究センター
産学官連携コーディネータ


●受賞理由
「全国若手産学官連携実務者勉強会」を立ち上げ、若手コーディネータが参加しやすいコミュニティを構築したことは特筆できる。広域かつグローバルに拡大する芽となることが期待できる。

私たちが取り組む産学官連携活動による社会貢献には、共同研究の推進、新技術創出や企業化などによる産業振興をはじめ、次代を担う世代の教育や地域文化への寄与など、さまざまなものがある。この産学官連携による社会貢献を発展的に実現し続けていくためには、これらを継続的に推し進めることができる基盤の構築が欠かせない。

私の活動拠点である北見工業大学は、一次産業地域に囲まれ“広大”かつ“疎”な北海道東部に位置する。このような環境の下、私は産学官連携が持つ多様な機能・可能性を最大限に引き出し、さまざまな社会貢献につなげていくため、あらゆる視点からの広報活動や先端グローバル企業との永続的な関係づくりなどの産学官連携の基盤構築を推し進めている。そして、それらの基盤を築くことにより、世界レベルの研究推進から地域の文化活動までの幅広い活動に取り組むことができるようになってきた。

全国ネットの若手勉強会

全国各地で活動を進める私たち産学官連携実務者には、それぞれの環境に対応する独自の活動が求められる一方、私たちに共通の必須のスキルも存在する。平成20年、共に産学官連携実務に携わっている仲間と相談し、「全国若手産学官連携実務者勉強会」を立ち上げた。実際に職場で直面している課題の解決に役立つ情報を得ることを目的としている。各自が抱える課題について互いに議論し、おのおのの実務に反映できる考え方や情報を身につけ、活動の向上につなげる場として、さらには実務者自らのスキルアップにつなげる場として、この勉強会を企画・運営している。

発展的・持続的な産学官連携は、将来のより良い社会を作りあげていくための重要なツールとして価値を発揮し続けると確信している。そのために、私は産学官連携の基盤構築と、私たち自身のスキル向上に重きを置いて取り組んでいる。このたびは、地道な産学官連携活動にまい進している仲間とともに賞をいただいたと受け止めている。これからも、産学官連携の基盤構築を推進し、いま私たちにできることを着実にしっかりと進めていきたい。