2014年11月号
特集 - 医療機器開発 医工連携の課題
みえライフイノベーション総合特区
販路を見据えた医療機器の開発
顔写真

髙村 康 Profile
(たかむら・やすし)

三重県 健康福祉部 ライフイノベーション課
課長


林﨑 由美子 Profile
(はやしざき・ゆみこ)

三重県 健康福祉部 ライフイノベーション課
総合特区推進班 技師


三重県は県内ものづくり企業の医療・健康・福祉分野への参入に力を入れており、課題に対応するため、昨年度からは販路を見据えた製品開発を促している。

三重県では医療・健康・福祉産業の振興を目指して、2002年度から産官学民が連携して「みえメディカルバレープロジェクト」を開始し、さらに2012年には国から「みえライフイノベーション総合特区」の指定を受け、画期的な医薬品や医療機器等の創出に向けた取り組みを行っている。

この一環として、県内ものづくり企業の医療・健康・福祉分野への参入を促進し、医療機器等の製品開発を支援する「医療・福祉機器等製品化促進事業」を実施し、試作品や製品化に向けた取り組みを行ってきたが、他分野から参入する企業は、医療現場とのネットワークや販路を持たない企業が多く、開発した製品の販路の拡大等に課題があった。

課題解決に向けた取り組み

これらの課題に対処するため、2013年度から県内ものづくり企業が販路を見据えたものづくりを進めることができるように支援している。具体的には、医療機器開発の初期段階から医療機器メーカー(製造販売業者)と県内ものづくり企業とのマッチングの機会を創出し、医療機器メーカーのノウハウやネットワークを取り入れて製品開発を進めている。

東京都文京区本郷地区の「商工組合日本医療機器協会」の協力のもと、同地区において県内ものづくり企業の製品・技術を紹介する展示会を開催したところ、本郷地区の医療機器メーカーとの取引が始まったり、出展企業間での共同開発が開始されたりするなど多くの成果が得られた。このほか、同地区の医療機器メーカーへの訪問を定期的に実施し、新たなニーズの発掘、企業間のマッチング等を目指している。

また、この分野に関心を持つ県内ものづくり企業が参画した「みえ医療・福祉機器ものづくりネットワーク」を構築し、参入の拡大を図っている。他地域との連携による取り組みも始まっており、ものづくり企業、医療現場、医療機器メーカー等の意見を踏まえ、今まで以上に関係機関と連携することで、支援体制の強化を図っていきたい。

出口戦略を見据えた東京本郷地区医療機器メーカーとの交流