2018年3月号
特集 - 産学連携に関する平成30年度予算
経済産業省
産学官連携によるイノベーション創出に向けた環境の整備

経済産業省
産業技術環境局大学連携推進室
技術振興・大学連携推進課
研究開発課産業技術プロジェクト推進室

経済産業省では、平成30年度予算案として「Connected Industries」および「イノベーションを生み出す環境整備」を重点分野に位置付け、IoTやビッグデータ等を活用した生産性革命を推進する。さらに、大学等の産学連携機能の強化や、中堅・中小企業等の技術シーズを事業化へとつなぐ「橋渡し」によりイノベーションの創出を推進する。

産学官共同研究におけるマッチング促進のための大学ファクトブック【大学連携推進室】

産学官連携の促進に向けては、産業界が産学官連携に積極的な大学や、自らの連携目的に合致する大学への投資を拡大していくことが期待される。そこで、大学ごとの産学官連携の取り組み状況等を集約した「産学官共同研究におけるマッチング促進のための大学ファクトブック-パイロット版-」(平成29年4月)を策定。

今後、産学連携本部の体制・規模・機能や研究・技術分野の強み等を追加し、産学官連携の取り組み状況等をさらに「見える化」した正式版を策定予定。

中堅・中小企業等への橋渡し研究開発促進事業(平成30年度予算案3.0億円)【技術振興・大学連携推進課】

中堅・中小企業等は、大企業が参入しないようなニッチマーケットにおいても、リスクを取りつつ、機動的に事業化を図るなど、イノベーションの創出への貢献が期待されている。

他方、中堅・中小企業等は特定の優れた技術を有していても、事業化を目指すためにはそれのみでは不十分なことがあるため、広い分野に関して優れた基盤技術や知見等を有する大学等の研究機関が、その技術等を中堅・中小企業等に橋渡しすることにより、技術の実用化を促進する。


新産業創出に向けた新技術先導研究プログラム(平成30年度予算案5.0億円)【産業技術プロジェクト推進室】

新産業創出のためには、既存技術の延長だけでなく、従来の発想によらない、革新的かつ社会へのインパクトのある技術の原石の発掘と、そのための土壌形成が必要。

「新産業創出に向けた新技術先導研究プログラム」では、産学の連携を進め、新産業創出に結び付く将来有望な技術シーズを発掘するべく、国内外のアカデミアの動向をも視野に入れた中長期を見据えた技術戦略を策定するとともに、技術課題や協調領域を抽出し、洗練された国家プロジェクトにつなげるための先導研究を実施する。