事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称ベルモント・フォーラムCRA(共同研究活動)課題募集
実施機関国立研究開発法人 科学技術振興機構
事業概要ベルモント・フォーラムとは、地球の環境変動研究を行う世界の主要先進国・新興国のファンディングエージェンシー(研究助成機関)および国際的な科学評議会の集まりであり、国際的な資金・研究者を動員し、連携することにより、人類社会の持続可能性を阻む重大な障害を取り除くために必要とする環境関連の研究を加速させ、SDGsへ貢献することを目的としている。
ベルモント・フォーラムでは様々な分野において同時並行的に国際共同研究活動(Collaborative Research Action: CRA)を行っており、その活動の一つとして(1)「Resilience in Rapidly Changing Arctic Systems(急速に変貌する北極システムにおけるレジリエンス)」分野、(2)「Disaster Risk, Reduction and Resilience(災害リスク低減とレジリエンス)」分野の共同公募を実施する。
事業開始年平成24年度
支援内容・規模 【研究支援限度額(間接経費10%含む)】 
 (1) 1,000万円程度/年×3〜4年間
 (2) 500〜1,000万円程度/年×3年間
支援対象者企業、行政、市民団体(NGO等)、研究機関(大学等)所属する者による提案で、公募参加国から最低3ヶ国以上に所属する研究者で構成されるコンソーシアムによる提案であること。
(詳細は公募要項を参照のこと)
事業詳細【公募する分野】
(1)「Resilience in Rapidly Changing Arctic Systems(急速に変貌する北極システムにおけるレジリエンス)」
(2)「Disaster Risk, Reduction and Resilience(災害リスク低減とレジリエンス)」

【本公募の参加国】
(1) カナダ、デンマーク、フランス、日本、アイスランド、オランダ、ノルウェイ、ロシア、スウェーデン、米国(詳細はベルモント・フォーラムのBFgoのページを参照のこと)
(2) 台湾、イタリア、日本、米国、メキシコ、ブラジル(サンパウロ州)、アルゼンチン、カタール、ノルウェー、中国(詳細はベルモント・フォーラムのBFgoのページを参照のこと)

【採択件数】
 (1) 1〜2課題程度
 (2) 1〜2課題程度

※ 研究を提案するコンソーシアムからベルモント・フォーラムの応募サイトにて応募する必要がある。
※ 加えて事前に府省共通研究開発管理システム(e-Rad)への研究機関及び研究者の登録と、〆切りまでに申請書の提出が必要。(https://www.e-rad.go.jp 参照)(e-Radへの申請はプレ提案のみ必要)
支援期間【支援期間】 (1) 3〜4年間、(2) 3年間
募集期間(開始~終了)2019年度公募期間:
 (1) 2019年2月20日〜6月20日 (急速に変貌する北極システムにおけるレジリエンス)
 (2) 2019年3月5日〜7月10日 (災害リスク低減とレジリエンス/採択通知:10月)
主な対象分野環境、その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る