事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別財団法人等の助成制度
事業・制度名称研究助成
実施機関公益財団法人 日本応用酵素協会
事業概要(1)「酵素の応用研究」および「生命科学に関連する酵素の研究」に対する助成、(2)特定の疾患に対する病因・病態の解明を目的とする研究に対する助成、の2つに大別される。(2)には4つのプログラムがあり、それぞれ対象疾患領域が異なる。(1),(2)ともに各研究領域において独創的かつ重要な研究を行っている国内の機関・団体の代表、及び個人を対象とするが、特に(2)は40歳以下の若手の研究者を対象とする。
事業規模 27年度 7190万円
28年度 7250万円
29年度 7250万円 29年度実績
1件当り支援規模 500万円以下
【最大金額(当該年度予定/決定)】 100万
採択件数 27年度 126件(応募176件)
28年度 130件(応募177件)
29年度 129件(応募199件)
支援対象者単独(若手研究者)
年齢制限((1)酵素研究助成以外は40歳以下)/在日外国人可
事業詳細【募集方法】
 募集時期(5)若手研究助成-4:5月17日~6月27日、決定8月9日、以下は2017年度の実績日であり、年度によって変動する可能性あり。

【選考方法】
 選考委員会で書類選考し、助成対象者を決定。一部のプログラムではその後発表会を行い、審査委員が審査して助成額を決定。

【選考結果決定時期】
 4月14日、7月1日、7月23日

【注記】
 40歳まで助成を継続するプログラムでは、40歳で卒業した人数分を次年度に募集するので、応募件数<助成件数となることがある。
研究費支出時期概算払い
助成金交付決定後1ヶ月以内
研究開発期間1年間。ただし一部のプログラムは40歳まで継続。
募集期間(開始~終了)募集期間:12月16日-1月22日 酵素研究助成、3月1日-3月15日 若手研究助成-1、3月22日-4月5日 若手研究助成-2、4月12日-4月26日 若手研究助成-3
対象分野全般(分野特定なし)
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る