事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称情報バリアフリー事業助成金(情報バリアフリー通信・放送役務提供・開発推進助成金)
実施機関国立研究開発法人 情報通信研究機構
事業概要身体上の障害のため通信・放送役務を利用するのに支障のある人がこれを円滑に利用できるよう、通信・放送役務の提供又は開発を行う民間企業等に対して、必要な資金の一部を助成する。

※ 本事業は、中小企業技術革新制度(SBIR)対象事業
事業開始年平成13年度
事業規模 28年度 3,225万円
29年度 3,730万円
30年度 3,889万円
1件当り支援規模 【助成限度額】 定めはないが、助成は予算の範囲内に限られる。
採択件数 28年度 4件 (応募4件)
29年度 6件 (応募10件)
30年度 5件 (応募6件)
採択率75.00%
支援対象者単独(企業)
チャレンジドの利便の増進に資する通信・放送役務の提供又は開発を行う民間企業等
事業詳細【助成対象】
 身体上の障害のために利用に支障が生じている通信・放送役務について、身体障害者がこれを円滑に利用できるようにするための通信・放送役務の提供又は開発(ただし、開発だけを目的とするものは対象外)であって、チャレンジドの利便の増進に著しく寄与するものとする。
 なお、字幕番組、解説番組などの放送番組の制作に係るものも対象外とする。

【助成対象経費】
 助成対象事業を行うために必要な経費のうち、機械装置等購入費、外注費・委託費、労務費、消耗品費、諸経費

【採択課題例(助成案件一覧)】
 http://barrierfree.nict.go.jp/nict/promote/supportlist.html
補助率1/2以下
【助成率】 助成対象経費の額の1/2以内
研究費支出時期精算払い
研究開発期間単年度
募集期間(開始~終了)平成31年度公募期間:平成31年2月8日-4月5日 (採択通知:6月下旬)
対象分野情報通信、その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る