事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称酒類総合研究所 研究生の募集および特別研究員等の受入
実施機関独立行政法人 酒類総合研究所
事業概要酒類総合研究所は酒類に関する国内唯一の総合的な研究機関として、いろいろな酒(清酒、ビール、ワイン、焼酎など)に関する基礎研究から応用研究まで幅広く行っている。
醸造に関する学理又は醸造に関する技術の習得に意欲のある者に対して研修制度を設けて、希望者を随時募集している。
支援対象者単独(研究者)
【研究生の条件】
(1) 大学(短期大学を含む。以下同じ)における醸造関連の学科を卒業した者
(2) 官公署又は酒類業者の組織する団体(酒税の保全及び酒類業組合に関する法律の技術者
(3) 本所の酒類醸造講習を修了した者
(4) 現に大学に在学し、(1)に掲げる学科を履修中の者で、当大学の推薦がある者
(5) 前各号に掲げる以外の者で、団体等の推薦がある者
事業詳細【研究生の募集】
醸造に関する学理又は醸造に関する技術の習得に意欲のある者に対して研修制度を設けて、希望者を随時募集する。
募集要件は上記対象のとおり。

【特別研究員の受入】
日本学術振興会特別研究員、 日本学術振興会外国人特別研究員(長期、短期)を受け入れる。
募集期間(開始~終了)随時
対象分野その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る