事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称宇宙航空研究開発機構 試験設備等供用制度
実施機関国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
事業概要JAXAでは民間企業では整備できないような大型の試験設備等を保有しており、これらの外部利用によって我が国の産業の競争力強化に貢献するため、JAXAで保有している施設や設備を外部に有償で利用提供する。
事業開始年平成15年度
1件当り支援規模 【利用料】 利用料(単価)は設備ごとに異なる。HPでは設備ごとに利用料を掲示する。
支援対象者単独(研究者)、単独(企業)、その他
宇宙/航空分野に関係している者や、学術研究や科学技術に関する研究開発を行っている民間企業、大学、研究機関など。なお平和利用目的に限る。ロケット・人工衛星等の研究開発に従事している者以外でも、学術研究や科学技術に関する研究開発を行っている民間企業、大学、研究機関などの研究者の利用が可能。業種が航空宇宙分野である必要はない。
事業詳細【契約方式】
事前に試験内容を調整した上で確定契約を締結することを原則とするが、必要に応じ単価契約(設備利用単価のみ契約し、利用実績数量で精算)とすることも可能である。

【設備の種類】
風洞、スペースチャンバ、振動試験、音響、電波・磁気、スーパーコンピュータ、複合材構造、構造材料、推進系、飛行シミュレータ、質量特性、宇宙環境、その他

【平成30年度定期募集対象設備】
航空技術部門、有人宇宙技術部門の管理分の設備等
募集期間(開始~終了)平成30年度申し込み期限:
 平成30年1月26日-2月9日 (平成30年4月2日-9月28日使用分/採択通知:3月中旬頃)
 平成30年9月12日-9月28日 (平成30年11月1日-平成31年3月31日使用分/採択通知:10月中旬-下旬頃)
   さらに空きがあれば随時募集
対象分野全般(分野特定なし)
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る