事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称産学コーディネートプログラム
実施機関公益財団法人 福岡県産業・科学技術振興財団
福岡県
事業概要企業等からのアクションを待つ受動型ではなく、財団の産学コーディネータが積極的に県内各企業を回り、そのニーズ・シーズをマッチングさせる、全国的に先端的な能動型プログラム。
福岡県内の企業が抱える技術ニーズと大学等が所有する研究シーズを調査し、ニーズ・シーズのマッチングや実用化可能性試験などを通した産学官連携コーディネート活動を実施する。
県内産業の競争力強化や新産業創出を目指した共同研究開発プロジェクトへの展開、実用化へのコーディネートを行う。
事業開始年平成14年度
支援対象者単独(企業)、単独(起業・ベンチャー)
主として福岡県内の企業
事業詳細【産学コーディネータの活動内容】
 ・技術ニーズと研究シーズ調査及びその産学コーディネート
  企業等の技術ニーズを調査・分析して、そのニーズを実現する大学等の研究シーズを調査する。そして、これらを結びつける手伝いをする。

 ・可能性試験の実施
  この事業では、マッチングしたニーズ・シーズについて、可能性試験を行う。また、その計画、進捗・管理及び評価を行う。
  予算:100−200万円/テーマ

 ・プロジェクト化支援
  大学や民間企業からの情報提供や産学コーディネータが、コーディネートした技術ニーズ及び研究シーズ、研究交流事業等を通じて財団が保有する案件について、産学官の横断的な人材による研究会を産学コーディネータを中心として組織化する。
  さらにプロジェクト化・実用化のための基本コンセプト、プランニング及び実現可能性を検討するとともに、国等の制度を活用するためのフォーメーション及び研究計画の検討を行い、国等の研究開発事業への提案、プロジェクト化・実用化の支援活動を行う。

 ・その他の産学官連携業務
  上記以外にも、研究開発プロジェクトの企画・推進、技術移転・実用化及びベンチャー創出、知的財産権確保に係る指導、産学官交流環境の整備等の産学官連携業務を行う。
募集期間(開始~終了)随時
対象分野全般(分野特定なし)
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る