事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称「福岡市産学連携交流センター」への入居企業募集
実施機関福岡市
事業概要九州大学の知の集積とポテンシャルを活用し、国内外の研究者、企業等の連携交流を促進することにより、新しい産業・事業の創出、地場企業の活性化、企業・研究機関等の立地促進を図り、地域経済の発展及び九州大学学術研究都市づくりに資するための施設として開設した「福岡市産学連携交流センター」に関して、九州大学をはじめ,産学連携による研究開発を行う企業等の入居を募集する。
事業開始年平成20年度
1件当り支援規模 【利用料】 
・基幹研究室: 850円/㎡・月
・レンラルラボ、レンタルオフィス: 3,000円/㎡・月※
 ※産学連携交流により研究開発を行う企業のうち、創業予定者及び創業して5年未満の者については1/2減免 1,500円/㎡・月
支援対象者単独(企業)、複数(産学連携)
【基幹研究室】
 先端科学技術に関する研究を行う大学等であって、センターにおける産学連携交流の推進に特に寄与する活動を行うと市長が認める者

【レンタルラボ・レンタルオフィス】
 産学連携交流により研究開発を行う企業等及び当該企業等に対し経営又は技術の支援を行う企業
事業詳細【所在地】
 福岡県福岡市西区大字元岡203-1(九州大学伊都キャンパスメインゲートそば)

【利用時間】
 交流ホールを除き、24時間365日利用可能

【施設規模】
・基幹研究室:
 1号棟: 5㎡(事務室25㎡、実験室50㎡)×7室
     140㎡(事務室50㎡、実験室90㎡)×1室
 2号棟:126㎡(事務室31㎡、実験室95㎡)×5室
     132㎡(事務室33㎡、実験室99㎡)×1室
・レンタルラボ: 
 1号棟:50㎡×9室
 2号棟:126㎡(オフィス31㎡、ラボ95㎡)×1室
     94㎡(オフィス26㎡、ラボ68㎡)×7室
     98㎡(オフィス27㎡、ラボ71㎡)×1室
・レンタルオフィス:
 1号棟:25㎡×7室、28.8㎡×1室、32㎡×1室
     36㎡×1室、40㎡×1室、44㎡×1室

【機能】
 産学交流の場、共同研究・開発、研究成果の実用化・事業化

【その他】
1:市が特別な装置を設置した場合の使用料は、上記の額に1月当たり装置1台につき、20,000円加算。
2:駐車場を専用的に使用する場合の使用料は、1月当たり1台につき2,000円。
3:敷金等は不要。 その他施設使用者が負担する費用の主なものは以下のとおり。
 (1) 研究室の使用に係る電気、ガス、水道及び通信設備の料金ならびに下水道の使用料
 (2) 研究室等の簡易な修繕に要する費用
 (3) 設備および備品設置及び撤去に要する費用
 (4) 研究室等の使用によって生じた廃棄物、廃液等の保管及び処理に要する費用
 (5) その他市長が別に定める費用
研究開発期間【利用期間】
 3年以内(引き続き利用を希望される場合には、新たな申請・審査が必要)
募集期間(開始~終了)随時(空室時)
対象分野全般(分野特定なし)
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る