事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称ものづくり支援センター
実施機関福島県
事業概要国家検定である「技能検定実技試験常設会場」及び、本県のものづくりに携る者の「ものづくり、人づくり」のための各種講習会、研修会場並びに、地域に開かれたコミュニティセンターとして使用することを主たる目的として福島県が設置し、福島県職業能力開発協会が管理運営する。
事業開始年平成16年度
1件当り支援規模 【費用】 管理経費が必要
 研修室
  9時−12時が780円、13時−17時が1,040円、9時−17時が2,080円
 多目的ホール
  9時−12時が1,470円、13時−17時が1,960円、9時−17時が3,920円
  ※ 研究室
   6月−9月は、冷房料として1時間あたり230円を加算
   12月−3月は、暖房料として1時間あたり350円を加算
  ※ 多目的ホール
   12月−3月は、暖房料として1時間あたり330円を加算
支援対象者単独(企業)
本県のものづくりに携る者 等
事業詳細【申込み先】
 福島県職業能力開発協会
 福島県福島市中町8-2 福島県自治会館5階
 Tel. 024-525-8681  Fax. 024-523-5131
  ※ 支援センターでは受付を行っていない。
  ※ 申込みは、使用日3ヶ月前から。ただし、6月−9月及び12月−翌年2月は、技能検定試験が最優先となる。

【住所】
 福島県須賀川市並木町153-1
 福島県ものづくり支援センター

【面積】
 研修室   :170.6平米(ホワイトボード付き)
 多目的ホール:349.8平米(土間コンクリート)、199.98平米(床)
募集期間(開始~終了)随時(予約制)
対象分野全般(分野特定なし)
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る