事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称県有ビームラインの利用課題募集
実施機関公益財団法人 佐賀県地域産業支援センター
事業概要県有ビームライン利用課題として、一般利用、公共等利用、探索先導利用、先端創生利用についての課題を募集する。
事業開始年平成18年度
1件当り支援規模 【利用料(税込)】
 (1) トライアル利用: 無料(初回1日限り)
 (2) 一般利用: 205,700円/日
  ※ 県内企業の利用は102,800円/日
 (3) 公共等利用: 92,500円/日
 (4)(5) 探索先導利用: 9,200円/日
 (6) 先端創生利用(短期タイプ、長期タイプ): 9,200円/日

 1日の利用時間
  2回入射日(火)は9.5時間
  1回入射日(水-金)は11時間
支援対象者単独(企業)、その他
企業、大学、公設試等の公共的機関等
事業詳細【募集する利用課題】
(1) トライアル利用
 利用情報は公開が必要だが、初回一日限り無料で利用できる。企業、大学及び、公的研究機関が利用できる。
(2) 一般利用課題
 利用情報は非公開とすることが可能。企業、大学及び、公的研究機関が利用できる。
(3) 公共等利用課題
 利用情報は公開が必要。大学、公的研究機関の利用に限定しているが、優先する課題の内容は定めていない。
(4) 探索先導利用(Fタイプ)
 自然科学分野の重要な研究対象に関する探索・実証課題の利用支援を行う。
 利用情報は公開が必要。企業、大学及び、公的研究機関が利用できる。
(5) 探索先導利用(Rタイプ)
 持続可能な地域社会への先導的取組みを行う課題の利用支援を行う。
 利用情報は公開が必要。企業、大学及び、公的研究機関が利用できる。
 但し、企業に所属する実験参加者(実験責任者を含む)が含まれる課題を優先する。
(6) 先端創生利用(短期タイプ、長期タイプ)
 先端産業に資する実用化および基盤技術の高度化を目的とした課題の利用支援を行う。
 利用情報は公開が必要。企業、大学及び、公的研究機関が利用できる。
  ※ 利用情報:実験者所属・実験者名、実験課題名、実験内容・結果等

【利用可能な県有ビームライン】
(1) BL07(X線イメージング(CT)、X線回析(多軸回折計)、タンパク質X線回折、高エネルギーXAFS、蛍光X線分析、照射(加工、放射線効果))
(2) BL09(単色・白色X線トポグラフィ、照射(加工、放射線効果))
(3) BL10(軟X線XAFS、角度分解X線光電子分光、光電子顕微鏡)
(4) BL11(XAFS、X線小角散乱、蛍光X線分析)
(5) BL12(軟X線XAFS、X線光電子分光)
(6) BL15(X線回折(薄膜)、X線反射率測定、単色X線トポグラフィ、XAFS)

【その他】
・最小の申込単位は、原則として1日毎。
・利用に当たって、必要な技術的支援を行う。支援の内容、対応の可否は個別問い合わせによる。
 
【成果事例集(利用報告・事例)】
 http://www.saga-ls.jp/main/43.html
募集期間(開始~終了)平成31年度向け公募期間:
  第Ⅰ期:    平成31年1月18日-5月15日
  先端創生長期: 平成31年1月18日-2月12日

 30年度参考
  第Ⅰ期:    平成30年1月31日-5月15日
  先端創生長期: 平成30年1月31日-2月21日
  第II期:    平成30年5月21日-10月15日
  第III期:    平成30年10月16日-平成31年1月15日
対象分野その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る