事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称あきた農商工応援ファンド事業
実施機関秋田県
公益財団法人 あきた企業活性化センター
事業概要秋田県内の農林漁業者と中小企業者等が連携し、お互いのノウハウや技術等を活用して取り組む新商品開発や販路開拓等に対して助成金を交付する。
事業開始年平成21年度
1件当り支援規模 500万円以下
【補助限度】
 (1) 農商工連携支援事業    : 300万円/年(追加募集)
 (2) 農商工連携応援団体支援事業: 300万円/年(追加募集)
採択件数 29年度 17件
支援対象者単独(中小企業)、複数(その他連携)
(1) 農商工連携支援事業
・中小企業者と農林漁業者との連携体(農商工連携体) 
・自ら事業を行うNPO等の中小企業者以外の者と農林漁業者との連携体(NPO等との連携体)

(2) 農商工連携応援団体支援事業
・中小企業者と農林漁業者との連携体等を支援する事業を行う者(応援団体)
事業詳細【助成対象事業】
(1) 農商工連携支援事業
 農商工連携体又はNPO等との連携体を構成する者が互いの経営資源を活用し、当該事業者にとっての新商品又は新サービスの開発、販路開拓等、地域経済の活性化に資する事業。

(2) 農商工連携応援団体支援事業
 農商工連携体又はNPO等との連携体等が行う新たな事業展開を支援するために行う展示会、講習会、指導助言等に関わる事業。

【補助対象経費】
(1) 農商工連携支援事業
・新商品開発又は新サービスの開発費
 (専門家謝金・同旅費、構成員旅費、会議費、会場借料、借損料、マーケティング調査費、原材料費、試作費、外注加工費、研究開発に用いる機械装置又は工具器具の購入・製造・改良・借用・保守・修繕費等)
・販路開拓費
 (専門家謝金・同旅費、構成員旅費、会議費、会場借料、借損料、マーケティング調査費、求票会費、展示会等出展料、サンプル作成費、通訳料、翻訳料、雑役務費、消耗品費、印刷製本費等)

(2) 農商工連携応援団体支援事業
 専門家謝金・同旅費、職員旅費、会議費、会場借料、借損料、教材費、展示会等出展料、保険料等

【採択課題例】
 29年度 http://www.bic-akita.or.jp/support/fund/past.html
補助率全額、1/2超
【補助率】
 (1) 農商工連携支援事業: 4/5以内
 (2) 農商工連携応援団体支援事業: 10/10以内
研究費支出時期精算払い
研究開発期間【実施期間】 助成交付決定日-11月30日(追加募集)
募集期間(開始~終了)平成30年度公募期間:
  (第1回) 平成30年2月28日-4月11日、(第2回) 4月25日-6月6日
  (追加募集) 平成30年11月28日-平成31年1月16日
対象分野その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る