事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称茨城県中性子ビームラインの産業利用
実施機関茨城県
事業概要茨城県では、大強度陽子加速器施設(J−PARC)に産業利用を目的とした2本の中性子ビームライン(BL)「茨城県生命物質構造解析装置」、「茨城県材料構造解析装置」を設置しており、それらの装置を利用した実験課題を募集する。
支援対象者単独(研究者)
1.産業利用課題
 申請代表者は、一般企業・公益法人等(以下「企業等」)に属する者とする
2.BL利用促進課題「革新研究課題」
 提案者(研究責任者)は、大学、研究機関、県立試験研究機関などに属する者とする
事業詳細【利用可能な実験装置】
 茨城県生命物質構造解析装置(iBIX)、茨城県材料構造解析装置(iMATERIA)

【募集する課題】
1.産業利用課題
 産業界の者を対象に、製品開発等に利用・いつでも申請が可能。
2.BL利用促進課題「革新研究課題」(旧:県プロジェクト課題)
 大学・研究機関等に属する者を対象に、iMATERIAは年1回、iBIXは年2回募集している。

【応募利用区分】
1.産業利用課題
(1) 成果公開型
  実験終了日の翌日から60日以内に実験報告書を提出することを条件とし、茨城県が定める利用料を支払う。
(2) 成果非公開型
  茨城県BLを利用して得られた結果を専有(非公開に)できるが、その対価として、茨城県が定める利用料に加えて、J−PARCセンターが定める成果非公開型利用料を支払う。

【利用料】
1.産業利用課題
(1) 成果公開型
 茨城県料金: 25,710円/時間(県内企業は半額)
 ※ 県内企業…次のア、イどちらかに該当する企業
   ア.申請代表者が県内に所在する研究所等に所属しており、かつ当該研究所等において本課題申請に係る研究開発あるいは技術開発を実施している企業等
   イ.県内に本社が所在する企業等
(2) 成果非公開型
  茨城県料金: 30,860円/時間(県内企業は半額) J-PARC料金: 約112,834円/時間
  茨城県料金とJ-PARC料金の合算額となる。
  ※ 生命物質構造解析装置については、現在のビーム出力では測定に長時間を要するため、当分の間「みなし利用時間制度」を設け、成果公開型利用料を約1/5に軽減する。
  ※ 長期測定にかかる軽減措置(6日−10日:1/2 に減額、11日−20日:1/10 に減額)に加えて適用(日数はみなし利用時間で計算)
2.BL利用促進課題「革新研究課題」:無料

【トライアルユース制度】
茨城県BLの利用経験がない、もしくは少ない企業の試行的な利用を促進するための制度。
(1) 要件: 定期受付枠の利用であること
      成果公開型の利用であること
      生命物質構造解析装置:上限50時間、材料構造解析装置:上限10時間
      同一の企業等の課題については県外企業:1回まで、県内企業:2回まで
(2) 利用料: 無料

【その他】
・上記の他、随時申請可能な「緊急利用課題」や、県が指定した運転サイクル内で公募を行う「随時課題公募」がある。
・J−PARC課題申請システムを利用した電子申請となる。

【成果事例集(茨城県産業利用課題成果一覧1】
 http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/kagaku/chusei/ibaraki-bl/saitakukadai/sangyoriyosaitakukadai-index.html
研究開発期間【利用期間】
 4月-翌年3月
 (iBIXは、4月-11月(第1回)、12月-翌年3月(第2回))
募集期間(開始~終了)平成31年度向け公募期間:
  2018年10月31日-11月29日 (iBIX、iMATERIA/革新研究課題)
  2019年6月27日-7月29日 (iBIX/革新研究課題)
対象分野その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る