事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別財団法人等の助成制度
事業・制度名称研究助成
実施機関特定非営利活動法人 依存学推進協議会
事業概要依存現象に関する新しい研究分野「依存学」の活性化と推進に寄与する研究をサポートする。自然科学系・人文科学系を問わない。ギャンブル依存やネット依存などのプロセス依存に関する研究に加え、アルコール依存や薬物依存などの物質依存研究を支援する。本研究助成金に自己負担金をあわせた予算で、一定の成果が1年程度(最長18カ月)で見込める研究を募集する。
事業規模 27年度 80万円
28年度 40万円
29年度 150万円 29年度実績
1件当り支援規模 500万円以下
【最大金額(当該年度予定/決定)】 44万
採択件数 27年度 3件(応募13件)
28年度 2件(応募5件)
29年度 4件(応募20件)
支援対象者単独(若手研究者)
年齢制限(研究代表者の年齢が申請時40歳未満であることが望ましい)/大学院生可/市民団体可
事業詳細【募集方法】
 日本国内の大学、研究機関、企業、諸団体に所属する個人またはグループ

【選考方法】
 選考委員会の採用審査を経て決定する。 1件当たりの上限は年度によって異なる。1件当たりの上限は500千円。
研究費支出時期その他
4月上旬
研究開発期間1年程度(最長18ヵ月)
募集期間(開始~終了)募集期間:-3月中旬
対象分野全般(分野特定なし)
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る