事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称ぐんまアナログポータル
実施機関群馬県
事業概要群馬県では、「アナログ技術立県」を掲げ、製品の高付加価値化に必要不可欠なアナログ分野の人材育成や研究開発を支援している。
支援対象者単独(企業)
アナログ関連企業
事業詳細【主な取り組み】
(1) 群馬県アナログ関連企業連絡協議会
 アナログ関連の研究開発と人材育成の推進により、アナログ技術(人材)集積を創出する目的で平成15年に設置された。アナログ関連企業56社で構成されている(平成30年1月1日現在)。

(2) 人材育成
 アナログ技術の習得には、デバイス、回路、システムまでの非常に幅広い技術を必要とするため、個々の企業で充実した研修を行うことは難しい状況となっている。そこで、産学官民連携体制により技術者養成講座が開講されている。

(3) 研究開発の促進
 主に群馬県アナログ関連企業連絡協議会メンバー企業による研究開発を推進するため、国公募型事業(競争的資金)等の獲得に向けた動きを支援する。

(4) その他
・群馬アナログ技術立県推進フォーラム
 講演や事例紹介、パネルディスカッションなどを実施し、アナログ技術をPRしている。
・アナログ検定
 群馬県アナログ関連企業連絡協議会では、アナログ技術に対する理解度を測る「アナログ検定」を実施している。
募集期間(開始~終了)事業によって異なる
対象分野装置・デバイス
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る