事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称革新的新構造材料等研究開発
実施機関国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
事業概要本プロジェクトでは、自動車、航空機、鉄道車両等の抜本的な軽量化に向けて、革新的なアルミニウム材、チタン材、マグネシウム材、鋼板、炭素繊維及び炭素繊維強化樹脂(CFRP)、これらの材料を適材適所に使うために必要な接合技術の研究開発等を実施している。
このような研究開発を進めるため、マルチマテリアル化技術、異種材料の接合技術、材料の性能・寿命予測を行うマテリアルズ・インテグレーション(MI)技術、革新的材料の腐食解析技術及び、水素脆化(遅れ破壊)評価技術、鋼板と樹脂材料の接合技術及び信頼性評価技術について公募する。
1件当り支援規模 1億円超
研究開発テーマによって異なる(公募要領を参照下さい)
支援対象者単独(企業)、その他
本邦の企業や大学、研究機関等で日本国内に研究開発拠点を有していること
事業詳細【研究開発テーマ】
 自動車を中心とした輸送機器の抜本的な軽量化(半減)に向けて、革新的接合技術の開発や、鋼材、アルミニウム材、チタン材、マグネシウム材、炭素繊維及び炭素繊維強化樹脂(Carbon Fiber Reinforced Plastics 、以下「CFRP」という。)等、輸送機器の主要な構造材料の高強度化等に係る 技術開発を一体的に推進する。これにより、輸送機器の燃費向上によるエネルギー消費量と CO2 排出量の削減、次世代自動車普及の加速、我が国の部素材産業及びユーザー産業の国際競争力強化を目指す。
 研究開発テーマ1:「マルチマテリアル車体軽量化に関わる革新的設計技術の開発」
 研究開発テーマ2:「鋼板と樹脂材料の革新的接合技術の開発」
 研究開発テーマ3:「マグネシウム材の性能・寿命に関するマテリアルズ・インテグレーション(MI)活用技 術の開発」
 研究開発テーマ4:「超高強度鋼板の腐食挙動解析技術の開発」

【追加公募の研究開発テーマ】
 研究開発テーマ:「鋼板と樹脂材料の革新的接合技術及び信頼性評価技術の開発」

 ※ 事前に府省共通研究開発管理システム(e-Rad)への研究機関および研究者の登録と、申請書の提出が必要(http://www.e-rad.go.jp 参照)
補助率全額
研究費支出時期概算払い
研究開発期間【事業期間】 テーマにより、平成30年度から平成32年度、または、平成30年度から平成34年度
募集期間(開始~終了)平成30年度公募期間:
 平成30年2月13日-3月19日
 平成30年9月12日-10月11日 研究対象の追加公募
 
 (29年度参考:平成29年1月25日-2月23日)
対象分野材料
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る