事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称高度専門支援人材育成プログラム
 「NEDO Technology Startup Supporters Academy(通称:SSA)」
実施機関国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
事業概要日本のベンチャー・エコシステムを下支えするための公益的視点と、広い知見や高い専門性を持って、産業イノベーションの担い手である研究開発型ベンチャーの成長を伴走支援できる、中核的人材の育成を目的とした、高度専門支援人材育成プログラム「NEDO Technology Startup Supporters Academy(通称SSA)」の受講者について募集する。
事業開始年平成29年度
1件当り支援規模 【参加費】 無料(ただし、受講(OJT含む)に係る交通費等の実費は受講者負担)
支援対象者単独(起業・ベンチャー)
イノベーティブな研究開発型ベンチャーの創出支援の現場をリードしていく、またはリードしていくであろう人材、もしくは、今後こうした支援キャリアを目指そうとする若手支援者候補など
事業詳細【実施内容】
 1 前期集合研修(3日間)
 2 中期集合研修(1日間)
 3 SSAディスカッション研修(1泊2日)
 4 後期(2日間)の集合研修
 5 1〜4の間に実施する、伴走型支援の OJT(約3か月程度)

【定員】
 20名~40名(最大) 程度

【想定する受講者など】
イノベーティブな研究開発型ベンチャーの創出支援の現場をリードしていく、またはリードしていくであろう人材、もしくは、今後こうした支援キャリアを目指そうとする若手支援者候補などについて日本の先端技術・ディープテック系ベンチャー、スタートアップの成長支援を志す、意欲的な人材を広く募集する。
(対象例)
 ・大学の産学連携・知財本部などの関連教職員・URA、コーディネーター、TLO役職員、ポスドク等
 ・モノづくり支援等を担う自治体部局や公的産業支援機関の担当職員、インキュベーションマネージャー、コーディネーターなど
 ・民間企業にてオープンイノベーションや社内発ベンチャー創出に従事する担当者で、高度専門性・キャリアを高めたい関係部局の担当者
 ・各地の研究機関や支援機関と連携し、シード段階から積極的に技術の目利きや掘り起こしを行い、ディープテック系、研究開発型ベンチャー支援の専門性やキャリアを構築したいキャピタリスト
 ・上記に準ずる職能の者あるいはベンチャー支援者を志す若手人材など
研究開発期間【事業期間】 平成30年10月~平成31年2月末
募集期間(開始~終了)平成30年度受講者募集期間:平成30年8月21日-9月20日
 (29年度参考:平成29年8月21日-9月19日)
対象分野全般(分野特定なし)
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る