事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称スマートコミュニティを支える高信頼ネットワーク構成技術の研究開発
実施機関国立研究開発法人 情報通信研究機構
事業概要NICTは、米国国立科学財団(NSF: National Science Foundation)との包括的協力覚書(MOU)に基づき、日米共同でネットワーク領域の研究開発を行う日本の研究機関に対して研究開発の委託を行うこととし、NSFと共同で研究開発の提案を募集する。
日米双方の強みを戦略的に組み合わせることで、将来的なネットワーク先進技術分野における研究開発力の強化や国際連携を軸とした共同研究開発に取り組み、IoT時代におけるネットワークの高信頼化の早期実現を目指す。
1件当り支援規模 1000万円超〜3000万円以下
【上限額】 1,500万円/1年間(税込)
※米国側研究機関に対しては、NSFが研究資金の提供を行う。
支援対象者単独(企業)、複数(産学連携)、その他
単独ないし複数の研究開発機関(企業、大学等)
(複数の研究開発機関が共同して行う場合は参加する全ての研究開発機関の連名)
事業詳細【研究課題】
 ・課題1 IoT/CPS信頼確立のための基盤技術(Trustworthy IoT/CPS Networking)
 ・課題2 IoT/CPSを支える光ネットワーク技術(Trustworthy Optical Communications and Networking)

【採択件数】
 最大4件
研究開発期間契約締結から36か月間を予定
募集期間(開始~終了)平成29年度公募期間:平成29年7月31日-12月4日
対象分野情報通信
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る