事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称浜松市特定創業支援事業
実施機関浜松市
事業概要浜松市創業支援事業計画の中で定められた「特定創業支援事業」を受けた者で、浜松市が証明書を発行した場合には、以下の支援を受けることができる。
具体的には、浜松市内において、1ヶ月以上にわたり4回以上、浜松市創業支援事業計画の中で定められた「創業支援事業者」から、同じく計画で定められた相談支援等の支援を受け、経営、財務、人材育成、販路開拓のノウハウを習得できたと認められる場合に特定創業支援事業を受けたことになる。
事業開始年平成26年度
支援対象者単独(起業・ベンチャー)
創業を考える者、創業後間もない者(創業後5年未満)
事業詳細【メリット】
・メリット1 
 株式・合同・合名・合資会社設立時の登録免許税の軽減措置
 「創業前の個人」又は、「創業後5年未満の個人」が、浜松市内に株式・合同・合名・合資会社を設立する際の登録免許税が半額になる。
・メリット2 
 浜松市中小企業向け融資制度(創業サポート資金)における融資利率の優遇措置
 融資利率が優遇(市の利子補給率が0.7%から0.9%に拡大)される。
・メリット3 
 日本政策金融公庫 新創業融資制度の自己資金要件充足
 新創業融資制度の自己資金要件を充足したものとして、利用することが可能になる。
・メリット4 
 日本政策金融公庫 新規開業支援資金の貸付利率の引き下げ
 新規開業支援資金の貸付利率の引き下げの対象として、同資金を利用することが可能になる。
・メリット5 
 創業関連保証の申込期間の特例
 創業2ヶ月前(法人開業の場合)又は創業1ヶ月前(個人開業の場合) から対象となる創業関連保証の特例が、事業開始6ヶ月前から利用できるようになる。
 (メリット2-5の優遇措置や貸付利率の引き下げ等を受ける場合には、必ず別途関係機関の審査を受けて了承を得る必要がある)

【メリットを受けるためには】
上記メリットを受けるためには、特定創業支援事業を受けたことについて、浜松市長の証明が必要になる。証明を受けたい者は、所定の申請書を浜松市産業振興課(はままつ起業家カフェ内)に提出すること。市は、創業支援事業者に支援内容を確認のうえ、証明書を発行する。(申請時に、市が申請者の住所、名称、氏名、電話番号、支援内容を創業支援事業者に提供し、創業支援事業者が市に具体的な支援内容を報告することに同意してもらう)
募集期間(開始~終了)随時
対象分野全般(分野特定なし)
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る