事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(民生品を活用した宇宙機器の軌道上実証)
実施機関経済産業省
事業概要超小型衛星用ロケットシステムの低コスト化等を目指し、我が国の民生部品・民生技術を活用した、性能及び価格に優れた機器及び部品、並びにその製造や運用技術の開発を行う。特に、ロケット関連技術の国際競争力の強化に資するよう、従来の延長線上にあるような合理化策を考えるのではなく、桁違いの低コスト化につながる研究開発を行う。
支援対象者単独(企業)、その他
企業、研究組合、特例民法法人(公益法人)、独立行政法人、大学等の研究機関が応募資格のある法人。
 (詳細の要件は公募要領参照のこと)
事業詳細【事業内容】
 国際競争力のある超小型衛星用ロケットシステムの実現に向け、その実現に重要と考えられる以下の機器・部品(ソフトウェアを含む。)の研究開発及び軌道上等実証を3カ年度以内に行う。
 1. 低コスト化・高機能化を実現するロケット打上げにおける自律飛行安全システムの研究開発及び実証
 2. 低コスト化を実現するロケット用機器・部品等の開発及び実証

【対象経費】
 人件費、事業費(旅費、会場費、謝金、設備費、物品購入費、外注費、印刷製本費、補助職員人件費、その他諸経費)、再委託費、一般管理費

※ 事前に府省共通研究開発管理システム(e-Rad)への研究機関および研究者の登録と、申請書の提出が必要(http://www.e-rad.go.jp 参照)
補助率全額
研究費支出時期概算払い
研究開発期間委託契約締結日から平成31年3月31日まで
募集期間(開始~終了)平成30年度公募期間:平成30年4月11日-5月14日
対象分野その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る