事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称サッポロ・ヘルスケアビジネス・サポートプログラム
実施機関札幌市
事業概要札幌市では、高齢化を背景に需要の拡大が見込まれるヘルスケアビジネスにおいて、国内ヘルスケア産業をリードする「札幌発ヘルスケアビジネス」の創出・成長を促し、「健康福祉・医療」分野における市内産業の活性化を図るため、有望なヘルスケアビジネスを募集・発掘するとともに、採択者に対して、1.細やかな調整・協力などを行うハンズオン(伴走型)支援、2.経営課題の解決や事業の推進に向けた専門家相談支援、3.市場ニーズを獲得するための支援、を実施する。
事業開始年平成30年度
1件当り支援規模 500万円以下
【補助限度額】
 (3)市場ニーズ獲得に向けた補助: 50万円
支援対象者単独(中小企業)、単独(起業・ベンチャー)、複数(その他連携)
札幌市内に事業所を有する、中小企業、団体、NPO、個人事業主、創業予定者等、またはこれらの者を代表とするコンソーシアム等
事業詳細【対象分野】
 ヘルスケアビジネス
 ※「健康」を切り口としたヘルスケアビジネスであれば、医療、介護、食、IT、観光、ものづくりなど、業種・業態は問わない。

【応募事業の条件】
 事業や資金の計画が具体的となっており、事業化を自ら予定あるいは進めている取組。

【支援内容】
 (1)事務局によるハンズオン(併走型)支援
  本市から委託された事務局が、採択者に寄り添いながら、経営課題の解決や市場ニーズ獲得に向けた調整・協力などを細やかに行う「ハンズオン(併走型)支援」を実施する。加えて、事務局は、下記(2)(3)の支援を総合的にマネジメントして、本サポートプログラムを効果的に運用する。
 (2)経営課題の解決や事業の推進に向けた専門家支援
  事務局は採択者に対し、経営課題の解決や事業の推進に向けて、採択者の希望や状況に応じた専門家をマッチングするとともに、当該専門家によるアドバイス等相談料を支援する。
 (3)市場ニーズ獲得に向けた補助
  採択者の製品・サービスが消費者などの市場ニーズを確実に捉えられるよう、クラウドファンディングや実証・試験販売等に必要となる経費の一部を補助する。補助金は、採択者が札幌市に対して申請し、支援期間終了後の審査を経たうえ、札幌市から採択者へ交付される。
  ・対象経費:クラウドファンディング利用手数料、または、製品・サービスの実証・試験販売等、に係る経費
  ・事務局による市場ニーズ獲得サポート
    市場ニーズの獲得に向けて、採択者がクラウドファンディングの利用や製品・サービスの実証・試験販売等を進めるにあたっては、事務局がサポートを行う。

【採択件数】
 5件(予定)
補助率1/2以下
【補助率】
 (3)市場ニーズ獲得に向けた補助: 対象経費の1/2
研究費支出時期精算払い
研究開発期間【支援期間】
 決定通知日-平成31年2月下旬(約8か月間)
募集期間(開始~終了)平成30年度公募期間:平成30年4月4日-6月1日
対象分野ライフサイエンス、医工連携、福祉、その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る