事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別地方自治体の支援開発事業・制度
事業・制度名称岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業
実施機関岩手県
事業概要三陸海域は、寒流と暖流の潮境であり、栄養塩が豊富で水環境も良好なことから、生物の生産性が高く、多様性にも富み、また、深海の日本海溝が近海にあるなど、海洋及び水産の研究フィールドとしての好条件を備えている。そのため、本県沿岸には海洋研究機関が集積し、全国から多くの研究者が集まり、様々な海洋及び水産研究が行われている。そこで、各研究機関の相互連携のもと、三陸海域で研究を実施している若手海洋研究者に発表の機会を設けることにより、研究者の育成と更なる研究活動を奨励し、将来に向けた海洋研究拠点形成の礎を築くとともに、交流人口の増加を通じた地域振興を図ることを目的とする。
事業開始年平成24年度
1件当り支援規模 500万円以下
【表彰内容】
 (1)岩手県知事賞: 賞状及び副賞、旅行券5万円分
 (2)特別賞: 賞状及び副賞、旅行券2万円分
採択件数 27年度 5件 (応募11件)
28年度 4件 (応募7件)
29年度 1件 (応募6件)
採択率41.67%
支援対象者単独(若手研究者)
ア.日本国内の大学等または高等専門学校の4-5年次に在学する学部生、大学院生。
イ.日本国内の研究機関等(大学、公設試験研究機関等)に所属(非常勤、臨時職員を含む)する45歳以下(当該年度30年4月1日現在)の研究者。
※国籍は問わない
事業詳細【対象研究等】
 (1)対象とする研究は、次のア及びイに該当する研究とする。
  ア.海洋生物、海洋環境など、広く海洋に関するものであること。または、水産資源の増養殖や加工、漁業経営及び海洋工学など、分野に関わらず広く水産振興に関するものであること。
   <対象分野例>海洋物理学、海洋化学、海洋生物学、海洋地質学、海洋工学、漁業学、水産資源学、水産海洋学、水産増殖学、水産養殖学、水産化学、水産加工学、 水産経済学 など
  イ.岩手県三陸海域※を調査、研究したものであること。または、青森県八戸市から宮城県石巻市までを含む三陸海域※ を調査・研究したもので、本県の水産振興に資すると認められるもの。(※「海域」には内水面及び陸域を含む。)
 (2)応募する論文は、未発表、既発表のいずれも可能とする。

【部門及び賞の種類等】
 学生(大学生及び大学院生等)の部及び一般の部の2部門を設け、次の賞を授与する。
  (1)岩手県知事賞
   対象: 三陸海域を対象とした海洋研究として優れた内容と認められる研究
  (2)特別賞
   対象: 今後の研究継続により、さらなる成果が見込まれる研究又は独創性が高いと認められる研究

【過去の受賞者】
 27年度 http://www.pref.iwate.jp/monozukuri/kaiyou/sanriku/041176.html
 28年度 http://www.pref.iwate.jp/monozukuri/kaiyou/sanriku/051334.html
 29年度 http://www.pref.iwate.jp/monozukuri/kaiyou/sanriku/060158.html
募集期間(開始~終了)平成30年度公募期間:平成30年4月2日-8月31日
 (29年度参考:平成29年4月3日-8月31日)
対象分野その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る