事業・制度

「事業・制度を探す」へ戻る

データ種別研究開発支援事業・制度
事業・制度名称戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
実施機関国立研究開発法人 科学技術振興機構
事業概要社会の具体的な問題の解決を通して、新たな社会的・公共的価値の創出を目指すため、社会問題の解決に取り組む関与者と研究者が協働するためのネットワークを構築し、競争的環境下で自然科学と人文・社会科学の知識を活用した研究開発を推進して、現実社会の具体的な問題解決に資する成果を得るとともに、得られた成果の社会への活用・展開を図る。
事業開始年平成13年度
1件当り支援規模 各プログラムによる。
採択件数 27年度 研究開発プロジェクト等14件、プロジェクト企画調査9件 (応募198件)
28年度 研究開発プロジェクト等25件、プロジェクト企画調査18件 (応募280件)
29年度 研究開発プロジェクト等18件、プロジェクト企画調査4件 (応募166件)
採択率13.66%
支援対象者単独(研究者)
国内の大学、国立研究開発法人、特定非営利活動法人、公益法人、企業、地方自治体等の機関に所属し、当該機関において研究開発を実施する者(外国籍も含む)で、構想を実現するために問題解決に取り組む人々と研究者が協働するチーム(数名−20名程度)を編成し、リーダーシップを持って自ら研究開発を推進する者。
事業詳細【事業内容】
 社会技術研究開発センターは社会の問題解決を図るために、具体的な対象として研究開発プログラムを設定し、公募により提案を募集する。募集の対象は、現実社会が直面している具体的な問題の解決を目的とする研究開発提案とする。単なる問題提起に終始せず、的確な問題把握がなされている上、その分析だけでなく解決に向けた手順等が具体的に示されている必要がある。提案の選考は、領域総括またはプログラム総括が、領域アドバイザーまたはプログラムアドバイザー等の協力を得て行う。
 選定された研究開発プロジェクトは、総括のマネジメントのもと推進され、プロジェクトの実施中または終了後において、社会の問題解決のために、その成果の活用・展開を図ることが求められる。

【対象経費】
 物品費、人件費・謝金、旅費、その他

【採択課題例】
 27年度 http://www.jst.go.jp/pr/info/info1136/index.html
 27年度 http://www.jst.go.jp/pr/info/info1148/index.html 「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」
 28年度 http://www.jst.go.jp/pr/info/info1215/index.html
 28年度 http://www.jst.go.jp/pr/info/info1222/index.html 「人と情報のエコシステム」
29年度 https://www.jst.go.jp/pr/info/info1281/index.html

※ 事前に府省共通研究開発管理システム(e−Rad)への研究機関及び研究者の登録と、申請書の提出が必要(http://www.e-rad.go.jp参照)
補助率全額
募集期間(開始~終了)平成30年度公募期間:
 「人と情報のエコシステム」
    平成30年4月13日-6月13日 (採択通知:9月中予定)
「科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム」
    平成30年5月11日-6月11日 (採択通知:9-10月予定)
 参考:29年度公募期間:
 「人と情報のエコシステム」
    平成29年4月14日-6月8日
 「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」
    平成29年4月14日-6月8日
 「研究開発成果実装支援プログラム」
    平成29年4月14日-6月8日
 「科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム」
    平成29年5月10日-6月26日
対象分野社会基盤、その他
ホームページURL

「事業・制度を探す」へ戻る